久留米で任意売却をする際にお客様からよくご相談をされる事

2019/11/26 ブログ
logo

弊社は長年久留米で任意売却を行ってきています。お客様が売却される理由は様々ですが、今回はよくご相談を受ける事についてお話ししたいと思います。

 

よく言われるのがやはり延滞などになっている場合が多いので、なるべく金融機関とお話ししたくないと言われます。基本的に売却価格や売り出し価格などはお客様と打ち合わせの上弊社が金融機関とお話ししますが、ローンの残債確認などもありますし、売却の意志確認、残債の売却後の支払い等を含め少なくとも1回~2回は金融機関と電話なり面談なりをしていただく事になります。もちろんなるべくお客様の手を煩わせないように極力弊社の方で対応いたします。

 

競売手続きの進行が心配・・・これは本当にケースによります。目安としてはまず滞納がどの位の期間か?また裁判所から競売開始についての手紙が来たか?執行官からの連絡なり現地確認なりが行われたか?等によって競売(落札)までの時間が決まります。競売開始の手続きに入っていなければ金融機関もそれなりに待ってくれる場合が多いので時間に余裕がありますが、競売手続きに着手しているとわざわざストップをかけてまで任意売却を優先してくれる事は少ないです(買主の宛がある等の事情があれば別ですが)。

 

引越し先はいつ位に探せばいいか・・・これは買主が決まって売買契約締結する辺りから探すのが基本です。買主が見つかる前にいい物件を見つけても転居出来ないし、ゆっくりと構えていると慌てて決めた物件に後から後悔するという事にもなります。基本的には売買契約締結後1~3ヶ月位が引越の目安になります。