久留米で不動産を任意売却することのメリット

2019/09/18 ブログ
logo

今日は任意売却をして不動産を売却する事のメリットについてお話ししたいと思います。

弊社にご相談いただくケースの多くが金銭的な問題で売却せざるを得ない場合です。そして多くの場合住宅ローンの返済が遅れがちという状況の方が多くいらっしゃいます。

その場合、そのまま放置しておくと債権者(金融機関)はその不動産を競売に掛けます。そして競売になってしまうと、通常の売買より安価で落札されてしまいます。例えて言うなら相場で1500万円で売れる物件なのに、競売で1000万円で落札されてしまった・・・そうなると住宅ローンの残債は普通に売った時より500万円多く残ってしまうという事になります。

ですから競売になる前に任意売却を行いたい旨を債権者側と交渉する事によって競売に掛けるのを待ってもらったりする事も可能です。

また競売の場合、落札された後の引っ越し費用などをご自分で用意しなければならないというような事にもなりえます。

 

任意売却の場合予め債権者と引っ越し費用などの確保を交渉で行うのでそういう費用を用意しなくて済むという事になります。

 

他にも競売の場合、裁判所や裁判所のホームページなどに住所などが出るので、落札を検討する人が家を見に来たり、近所の方にばれてしまう可能性も出てきます。

任意売却の場合、通常の売却と変わりはないので、住所を伏せたりする事も可能ですし、近所の目を気にしなくて済むという事もメリットになります。

 

弊社は久留米の不動産業者ですが、県南地区や県外の物件も取り扱いますので、まずはお問い合わせ下さい。