• 選ばれる理由
  • 任意売却とは?
  • 販売物件情報
  • あいホームの紹介
任意売却とは?

ホーム 任意売却とは?

任意売却って何?

任意売却は、債務者と債権者(金融機関)の間に仲介者が入って、双方の合意のもとで債務の調整を行う方法です。所有者の意思で不動産を売却することで、住宅ローンの負担を軽減できます。

誤解していただきたくないのは、任意売却したからといって、必ず債務の全額がなくなるわけではないということ。債務が残った場合は、残債について債権者と調整を行います。通常は、現在の収入や生活の状況を鑑み、無理のない返済額・返済プランを設定し直します。

任意売却のポイント

住宅ローンがあっても家を売れる「任意売却」の仕組みとは?

住宅ローンの残っている不動産を売却する際は、家を売ったお金を住宅ローンの返済にあてます。
ただし、物件を売りたいと考えていても、物件価格よりも住宅ローンの残高の方が高いケースがあります。

その場合の売却方法はこちらの3つです。

1一般売却 足りない分の差額を支払って売却する
2競売 住宅ローンの滞納を続けることで裁判所によって強制的に売却される
3任意売却 住宅ローン残高を残しつつ、債権者の同意を得て相場の価格で売却。
差額に関しては無理なく分割で支払う

通常③のように住宅ローンが残る場合、債権者(ローンを貸している銀行)は貸していたお金が返ってこないリスクがあるので売却に同意してくれません。

本来なら売れない不動産を、交渉によって売却に同意してくれる理由があります。

債務者はより高い金額で任意売却し、
少しでも多くのお金を返済してほしいと考えるからです!

債権者は当然、住宅ローンの全額返済を望みますが、債務者が病気や失業によって収入がなくなると住宅ローンの返済が滞ります。そうなると債権者には貸していたお金が返ってきません。

少しでも住宅ローンの回収を行おうと裁判所に不動産の競売(上記の2)を申し立てることになります。しかし、競売には申し立てのための費用がかかり、競売物件は普通の物件よりかなり安い価格でしか売れません。そのため、債権者はなるべく競売を避けます。競売で安い価格で売るよりも任意売却をして少しでも高く売り、少しでも多くお金を返してもらった方が得策なのです。

任意売却にかかる費用

任意売却では、仲介手数料などの費用を必要経費として売却金額と相殺することができます。そのため、事前に売却に必要な費用を用意する必要はありません。

「あいホーム」の報酬は、債権者の了承のもと、売却代金から頂戴します。そのため、債務者様に資金を持ち出していただく必要はございません。任意売却のご相談は無料です。途中で依頼をキャンセルされる場合や、売買が成立しなかった場合でも費用をいただくことはございませんので、安心してご相談ください。

競売との比較する

  競売 任意売却
売却価格/費用 ・市場価格の5~7割程度で落札される
・残債について債権者と調整できない
・売却代金のすべてが債務返済に充てられる
・相場に応じた価格で売買できる
・かかる費用は売却代金と相殺される
・残債について債権者と調整できる
・滞納していた関連税金や諸経費、引越費用も相殺できる
心理面 ・個人で対応しなくてはならない
・立ち退きに期限があり猶予がない
・競売にかかったことが公示されるため、近隣などに知られやすい
・競売の下見や聞き込みに業者が近所をうろつくことがある
・近隣に知られることで噂になるなど、心理的負担が少なくない
・専門家の手助けを受けながら売却や債務整理ができる
・売却時期や引越時期の交渉が可能
・周囲に知られずに売却できることがある
・債務者に対して誠意を見せられるので、返済方法や返済額について配慮される
・計画的に行えることで、生活再建につながりやすい